HOME>トピックス>相談することが離婚につながるとは限らない

第三者を入れることで冷静になれる

カップル

夫婦の間の問題は簡単に解決できるものばかりではありません。二人の間でうまく話し合いができなくなったり、問題が大きくなったりすることもあるでしょう。修復しようにも自分たちではどうにもならないことも多く出てきます。そこで、第三者を入れてみることで状況が進展することもあります。親しい人が入ってくれればよいですが、どちらかに肩入れしてしまったりすることもあります。そのようなときにはカウンセリングの専門家や法律関係の専門家など、第三者に入ってもらう方法があるのです。

離婚にならない道も

男女

特に法律関係の相談をした場合、調停や裁判となると離婚を前提にするイメージがあり、修復したいと考えている方にとっては納得がいかないこともあるでしょう。しかし、特に調停については離婚だけではなく、夫婦関係の修復に向けての話し合いをすることもあるので、必ずしも離婚に結びつくものではありません。修復したいと考えている方も安心して利用してみましょう。いずれにしても、問題をきちんと整理するためにも専門家に相談してみることは必要です。近隣で行われている相談会などに足を運んでみるのもよいのではないでしょうか。

広告募集中